奈良町のアート空間
by cinq


齋藤 修 作品展 「木口木版と青のドローイング」開催中

齋藤 修作品展は中盤に入りました。

鉱物結晶の様な神秘的な透明感を表現する作品が素晴らしい。その空間の中に無数の大小の丸い泡の様な、あるいは星屑かもしれない〇が噴出したり、浮遊したりしている。

題名は「Never land 識」のシリーズが主でyardやcolorなど同じシリーズの小品も展示。
「識」とは仏教用語から引用されたもの。

木口木版では現代日本の第一人者のテクニックと研ぎ澄まされた精神世界の融合が「Never land」を創造している。

椿の木口のそのままの形を生かしての制作。自然が作った形は最高に素晴らしいもの、人の手では真似できないと齋藤氏。

 
ドローイングは日本画の水干顔料で描かれた、静かな「青の世界」。
この色に出会ったのがきっかけで、60歳を過ぎてから色を使い始めた。

写真では写らない青の深みや奥行き、質感。その青の下には何色もの色が隠れている。
青の隙間の、ほんの小さな点からもれる色に強い存在感がある。
「Blue Eternity」 のシリーズが中心に展示されている。

静かな「青」から動の 「White flake」と「Autumn flake 」 青の下の色が思いっきりバーンと飛び出したのか?それとも青に吸い込まれていくのか?色の乱舞が美しい。

そして「Face」 色々な表情をした顔が描かれている。いや表情なのか?無機質の感じがする不思議な世界。

他に文楽、花、昆虫などを展示している。


b0291062_3335416.jpg




b0291062_3232779.jpg



b0291062_3241941.jpg





b0291062_3252430.jpg



b0291062_3255562.jpg



b0291062_3263522.jpg



b0291062_3271773.jpg



b0291062_3275095.jpg



b0291062_3283945.jpg



b0291062_3245287.jpg



b0291062_329878.jpg




























----------------------------------------------------------------
facebook&twitterはじめました☆
よろしくお願いします!
●facebook●https://www.facebook.com/galeriecinq
●twitter●@galerie_cinq

by galeriecinq | 2014-11-23 03:42 | 展覧会 exhibition
<< 齋藤 修 作品展 11月30日... 齋藤修 ギャラリートーク 11/16 >>