奈良町のアート空間
by cinq


狩野 宏明  ツギハギノオクユキ

今日は、雨の一日でしたが、たくさんのご来場ありがとうございました。
多くの方に観ていただき、感動していただき、賞賛の声をかけていただいて、ほんとうにありがとうございます。作家にとってもとても励みになっている事と存じます。会期は4月10日までです。どうぞ宜しくおねがいします。


~~~ 作品紹介 ~~~


b0291062_037577.jpg



≪駄々っ子ツバミちゃん≫
(移動絵画館)
本シリーズは、古典絵画の素材化と、絵画の唯一性をテーマとした作品群です。
現代において名画と呼ばれる作品は、画集やポストカード、インターネットの画像として、世界中に遍在しています。
そこでこのシリーズでは、名画のコピーを支持体として、その上に描画を加えることで、もともとの名画とは別の、しかし世界にただ一つの絵画を生成することを試みています。これによってコピーであった名画自体も、世界にただ一つしかない絵という本来の状態に戻ります。
できあがった作品は、絵画輸送用木箱や街中の露店を連想させる車輪付きの箱額に入れられます。これは、世界にただ一つの絵をどこにでも持ち運び、実物を見てもらうという意思表示の形式です。



b0291062_0432135.jpg



≪3人兄弟≫
ドローイングシリーズ≪Hidden monsters≫を油彩で描いた作品です。
≪Hidden monsters≫の項目をご参照ください。

参照:≪Hidden monsters≫
この連作は、自身の身の回りにあふれている日用品や、不要になったゴミなどを、その形態の類似や機能から連想して、別のものに見立てて描いたものです。
目の前にある「もの」から、別のものや事柄を想起するためのエクササイズの一例です。



b0291062_0494718.jpg




≪漂流ラジオゾンデ≫
ラジオゾンデ (Radiosonde) とは、上空の気象データを観測するためにゴム気球に取り付けて飛ばされる気象観測機器です。日本から飛ばした場合、多くは偏西風に乗って大西洋に落下しますが、時折陸地に落下し、そのまま放置されることもあるそうです。
放置されたラジオゾンデは、その後どのような運命をたどるのでしょうか。この絵に描かれているのは、落下した後も漂流を続けるラジオゾンデの物語です。








----------------------------------------------------------------
facebook&twitterはじめました☆
よろしくお願いします!
●facebook●https://www.facebook.com/galeriecinq
●twitter●@galerie_cinq

by galeriecinq | 2015-04-02 01:01 | 展覧会 exhibition
<< 狩野宏明 ツギハギノオクユキ ... 狩野 宏明 ツギハギノオクユキ... >>